検索 保存 リンクを送る 印刷
GERMANY AT ITS BESTNRW.INVEST

ライン・ルール地域 2030年まで最大の消費成長見込み

マッキンゼー・グローバル・インスティテュート(MGI)が世界各地の消費動向の調査結果を発表。ライン・ルール地域が全ドイツでナンバーワンの消費成長が見込まれる地域となった。後押ししたのは増加するシルバー人口とその購買力

ワシントンのシンクタンク、マッキンゼー・グローバル・インスティテュート(MGI)が4月4日に発表した消費者行動に関する調査「Urban World: The Global Consumers to Watch」によると、2030年まで消費成長が見込まれる地域はドイツでは5地域に限られるという。その5地域の中でも、特にライン・ルール地域が抜きんでており、ミュンヘン、ライン・マイン地域、ベルリン、ハンブルクを抜きトップとなった。

ライン・ルール地域だけで2030年の売上高は4000億ユーロ、年平均成長率1.5%となる見通しだ。今日すでに1100万人以上の人口を擁するライン・ルール地域は欧州最大のメトロポールである。

ドイツにおける消費の変化で最も重要なファクターが高齢化だ。高齢化は特に都市部での消費に著しい影響を与えている。2015年は60歳以上の約1500万人が都市部に居住しており、2030年には500万人ほど増加し2000万人に達する見込みだ。一方、その間、60歳未満の人口は約440万人減少するであろう。消費の伸びの80%を支えているのが60歳以上の人々だ。そのため企業は、製品やマーケット戦略をこの消費者層になお一層合わせなければならない。特に、レストランやホテル利用などライフスタイル関連のサービスが重要で、またシルバー層をターゲットとする健康、教育、文化やレクリエーション関連のサービスも重要な役割を担う。

さらに重要なのはヘルスケア部門である。先進国における60歳以上の消費者はヘルスケアサービスへ積極的に支出しており、これが先進諸国における消費伸び率の1/3を占めている。都市部での平均年齢がイタリアと日本に次ぎ3位の高さとなったドイツでも、ヘルスケア部門が消費伸び率の26%を達成し、60歳以上の消費伸長に最も貢献している。

マッキンゼー調査報告全文

Maximize