検索 保存 リンクを送る 印刷
GERMANY AT ITS BESTNRW.INVEST

ドイツセミナー「Industrie 4.0 を実行する」 4月22日(金)東京開催

来る4月22日、Industrie 4.0をテーマにNRW.INVEST/NRWジャパン主催でセミナーを開催。2016年のドイツ ハノーバーメッセ直前に、改めてその現状と事例を知る良い機会

 

ドイツを始めとする主要産業諸国の企業が続々とIoT/IIoTの本格的導入をスタートし、また、Industrie 4.0のプラットフォームとして中心的役割を担う先端クラスターや大学・研究機関の動きも更に活発化している。

今般のセミナーでは、ドイツ製造業を代表する大手エンジニアリンググループのティッセン・クルップ社や、中堅企業ハーティング社から業界全体の動きやIndustrie 4.0の導入事例・ソリューションをお話しいただく他、サイバー・フィジカル・システム(CPS) や、ソフトウェア・エンジニアリングに焦点を当て、大企業のみならず、中小・中堅企業の参画も図り、経済全体の活性化を模索するNRW州の取り組みも紹介する。また、日本とドイツ双方の科学技術政策に精通した永野博氏(政策研究大学院大学)には、実例を交えながら、今後日本が何を取り入れていくべきか、アドバイスいただき、更に本テーマでは日本を代表するコンソーシアムIVIの取り組みも紹介いただく。

Industrie 4.0 を実行する – ドイツのIoT:NRW州の産業・科学・政策における実例 

日時:2016年4月22日(金)14:00~18:00    

会場: 政策研究大学院大学 想海樓ホール  (六本木 国立新美術館隣り)

プログラム詳細   Programme in English 

お申し込み  (4月18日締切。受付確認メールの送信は4月〜)

日英語・参加費無料

講演抜粋:日本の産学官システムからみたドイツの強さとは(政策研究大学院大学・永野氏)Industrie 4.0とデジタル化(クラスターCPS.HUB NRW)IoTのためのアーキテクチャーデザイン(デュイスブルク・エッセン大学ソフトウェア工学科)製造業への実装(ティッセンクルップ)モジュラー型生産システムと次世代インターフェースの開発 (ハーティング)日本発の"つながる"工場IVIの取組み (IVI) 

Maximize