検索 保存 リンクを送る 印刷
GERMANY AT ITS BESTNRW.INVEST

東京工業大学 - アーヘン工科大学国際産学連携共同シンポジウム 3月30日東京開催

アーヘン工科大学学長が3月末に来日し、国際産学連携で提携する東京工業大学と共同シンポジウムを開催。生産技術の革新に焦点を当て、それがもたらすビジネスや科学・研究、また社会へのインパクトについて展望を試みる

アーヘン工科大学はドイツ・トップレベルの工業大学で、世界の有数工業系大学と提携している。日本では、東京工業大学、慶応義塾大学、大阪大学、そして京都大学と協定を結び、継続的な相互交流を図ってきた。来る3月末、同大学学長Prof. Dr.シュマハテンベルクが来日する。日本の学術・研究機関そして企業と更なる産学連携の促進が目的だ。その一環として、3月30日、東京工業大学にて共同シンポジウムを開催する。東京工業大学の三島学長を始め、両大学から産学連携や生産技術、インダストリー4.0に関する研究展開を紹介し、シンポジウム後半では日独企業が参加し、パネルディスカッションを行う。

 「東京工業大学 - アーヘン工科大学国際産学連携共同シンポジウム」"インダストリー4.0" ビジネス、サイエンス、社会はどう変わるのか?日本とドイツの革新

日時: 2015年3月30日(月)15.00 - 17.40

会場: 東工大蔵前会館くらまえホール

プログラム詳細 お申し込み(3月25日締切)*シンポジウム参加費無料


Maximize