検索 保存 リンクを送る 印刷
GERMANY AT ITS BESTNRW.INVEST

セミナー「エネルギーシフトは進んでいるか?」2月28日開催

日本とドイツのエネルギーシフトの進捗を政策、水素・燃料電池、スマートコミュニティに焦点を当て日・独専門家がセミナーで紹介

間もなく東日本大震災から2年。2011年6月の連邦議会で、2022年の原子力発電からの完全撤退を採択し、再生可能エネルギーのますますの促進を図るドイツ。一方の日本も原発への依存度を減らし、よりよいエネルギーミックスを目指し模索中だ。2013年2月27日から3日間にわたり東京ビッグサイトで開催される「国際水素・燃料電池展」に合わせ、今年も「エネルギーシフト」をテーマに、NRW.INVEST社および弊社主催でセミナーを開催する。再生可能エネルギーの供給・消費における割合の増加促進のため、政策面では、また法規制ではどのような対策が取られ、また経済的にはどのような影響が出ているのか? またエネルギーの高効率を実現するためエコ建築やスマートコミュニティは如何に貢献できるのか? 日本とドイツの同分野における専門家が、実例をご紹介。また水素・燃料電池ビジネス分野での最新報告を行う。 

セミナー「ドイツと日本: エネルギーシフトは進んでいるか?」 -震災から2年    ~再生可能エネルギー、効率化、蓄電の日独最新報告

日時:2013年2月28日(木) 14:00~18:30 会場:有明ワシントンホテル          日・英語(同時通訳あり) 参加費無料

詳細・お申込み

Maximize